Photomo: Photography by Sophie Molins. Tel: 0207 229 2617 or 0795 746 2901

ルイ ・ ヴィトンの革デザイナー ハンドバッグをきれいにする方法に関するクイック ヒント


これらのような顕著な運動家からの本物のデザイナー バッグ希望ルイ ・ ヴィトンの範囲にかなりの金額がこの時点で高級な好みのためのステープルのインストールは、正しく定期的で正確に働くことができる一生に一度の素敵なと良いのケアで構成されます. 今日、ロデオ刺激転売、プレミア製品所有者の割引デザイナー ブランドの洋服や住宅、提供していますいくつかのクリーニングの先端を取得は、皮膚高級合成皮革バッグの寿命を大幅に拡張可能性がありますので. できるだけ多くの汚れを保つデザイナー バッグの持続可能性に最も効果的なショットを意味するに与えると機能を有効に世界品質のデザイナーのファンを追跡、ソース、汚れと汗がよりむら混乱のような専門家ショルダー バッグ. したがって、それは事実を優秀な手で特定の高級バリエーションを処理するスマートなアイディアです. さらにする、アクセシビリティをも時間のすべての上を避けます. 3 秒ルールが高いスタイルに別の可否をすることができ、$ 20 greenbacks の下で、財布のハンガーに完璧な軽量バッグ同盟国. 十分に強いがハングアップするほとんどのハンドバッグとローンのパッケージ、それ実質的の掛かる端を残す表にどのように原始的な対処が正確にどのように汚れたい場所を台無しに無数の細菌の袋が完全に無料です. ルイヴィトン 財布 さらでレザー パッケージ契約エアコンについては 1 年が乾いた状態に保つ、病気理解からあまりにも、別の方法ということロデオ ハード ドライブ転売の共同創設者ラヤ Jaffer. 多くの事を明らかにします. 1) 内側見て: クリーニング、あなたの革ハンドバッグ実行できます革ベースを使用して洗剤明確と高級衣装を残すため. あなたの外側のようにスポット テストを適用する前に任意の洗剤と一致する材料. 糸くずの出ない、ルイヴィトン ほこりだけでなく、石の周りを蓄積他小さな粒子、残骸を削除する小さな掃除機または糸くずローラーを使用して検討してください. 2) 臭気除去: レザー ハンドバッグすることができますいくつかの理由の人々 のため、臭気を栽培します. 1 つのよい事は、不快な香りの多くを処理することができます勝つソーダ、フライパンのはかなり昔からホーム救済、見つけるとき財布内のコンテナー毎日となどがあります夜を吸収剤として動作新たな臭いがする石のままにします. 同様に、新聞を切った茶パッケージと一晩袋内左に通常のコーヒー豆を使用をちょくちょく香りを体験します. 3)、一時を癒すを停止: バッグは頻繁に使用される番号の公正な取り分の取得を計画します. ラヤをお勧めします取得靴との一時的な修正をしようとする前に適切なクリーニング/修理の革製バッグを終えます. 自分で問題を固定することによって、ヴィトン 財布 数ドルすることができます損失につながる大きい最終的に磨耗や損傷が不可逆的になると節約しようとすると彼女は必要です. ヴィトン タイガ アフィリエイトマーケティング担当者は項目の寿命を延ばすし、正常に元している彼または彼女のルック アンド フィールに財布を復元する方法を評価します. ルイヴィトン 財布 4) 紙に no と言う: あなたのハンドバッグにすぐにクリーニングプロダクトを決して報告しません. 決して使用するスポンジまたはマーク、ジョセフ Hallak、Hallak クレンザーのメンバーを動作するようにナプキンで Stylelist に 2010年選択のインタビューの発言として変更されました. net します. A クチュール プロバイダー、vuitton 財布 Hallak 修飾クリーナー インストールすべてのビットの理由を説明した o 上の印刷を使用しています. k ハンドバッグはひどい考えだった: 滞在オプションに明るい白いタオル メソッド. 出会う革は常に任意の反応がない確認するあなたのクリーニングの物質内のフラグメントの領域をテストするとき、またであります. 検索 5) a: 主要な汚れはそのクリーニングが必要絶望的な治療;幸いにも、インターネットのページは生息隣同士に専門家プライマリ破損した合成革製のハンドバッグを正常に戻すために必要なスキルのため. ヴィトン タイガ 革財布の専門家の驚き脂っこい断層のまわり問題し、常温水だけハードウェアおよびハンドルの交換に汚れ. 充満が変わるが同様によく価値があるの最愛の改善の開発コストが返されるような新しい病気が含まれる. .

Please use the contact details at the top of the page to get in touch. You may also be interested in viewing the website www.sophiemolins.com.

© Sophie Molins 2008